2016/10/05

深夜の思い付きで評価返しでもするよ。

大会評価辛すぎるので評価返しでそれを和らげます(意味不明)

非常に有難いことに終始褒めて頂いているものもあるので、それに関しては胸が痛みますが割愛とさせて頂きます。評価を頂いた方には感謝を。


感想:
曲に忠実ながらわかりにくい配置も少なくていい譜面なのではと思いました。
ラスゴーが少し忙しすぎるかもしれないですが悪くはないです。

返答:
分かりにくい配置は少ないでしょうか(疑問)
ラスゴーは確かに一切の猶予を見ない構成にしたのでひっきりなしに詰まってますが、これが僕のやり筋かなと思います。前半でかなり余裕を見たリズム難で攻めていますので。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:序盤の非常に特徴的な12分配置、展開の良さ、リズムの付け方の
巧さなど、今大会でも非常に高いレベルの譜面だと感じました。
特に33~47小節は頭抜き等作譜に関する様々なテクニックが
非常に高レベルでまとまった今大会屈指の良い部分だったと思います。
正直私から言えることは無いに等しいのですが、本当に強いて言うならば
55~64小節はゴーゴーへの盛り上がりをよくする為に
密度を徐々に上げていく形の方がよかったのではないかなと。
現状だと55小節から一気に上がってしまっているように見えました。

返答:
非常に高評価ありがとうございます。55小節からですが、確かにその節はあります。
というか、低速ソフランは見かけの密度が上がるので、緩急がついているように見え辛いんですね。
低速or高速は、ある意味では密度調整の為の手段であるということがよくわかりますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:12分地帯や、低速地帯、サビではソフランを掛けたりと、展開的には最高でした。サビでは小さくなっている細かい音まで繊細な音取りが出来ていて、かつフィーリング配置も出来ていて素晴らしかったです。サビでは静か目な曲ですが、ソフランを掛けることで良い緊張感が生まれていて、譜面の表情付け役として一役買っていました。序盤に定期的に流れてくる2210111の配置が微妙に感じました。叩きにくいのと、突然24分3連打x2は視覚的に良いとは言えないので、調整すると良さそうです。

返答:
高評価ありがとうございます。
この「22,10111」の24分に関する感想がとにかく多いのですが、私はこの譜面の前半のキレはおそらくこの22,10111によって生まれたものだと自負しております。
例えばここが、12分だけの配置であることを想像してください。ずっと12分というのはとても退屈な譜面になるものです。
逆に、20,10111だと急に111のみが浮いてしまう印象を与えます。22,101010でも、その後の12分の1112によって急にその配置が浮き彫りになるんですよ。
だとしたら、ここで急激なキレのある配置を入れるのが最適ではないか、というのが僕なりの結論でした。寿司でいうわさびです。調和と刺激のために存在する、部分だけでは決して評価しきれない配置です。
ということでよろしくお願いします。(何が)
もしよければ、調整案なども提示して頂けると嬉しいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:22101110といった24分は叩き心地が少々よろしくないですね
こういった複雑なリズムの譜面は、やっぱり見るだけでなくプレイしてみたくもなりますし、
これもどちらかというとプレイ面に重きを置いた譜面なんじゃないかなぁと思うので、
そういったプレイ面での配色、配置への思いやりがもうすこし欲しいかな、というところです
加えて、サビの密度の上げ様なのですが、この曲ならガラッガラな密度にしたほうが、
曲に合ってますし、不思議な感じが出ると思います
曲に対しての詰め方が結構行き過ぎな感じなのではないかなぁとプレイしてて感じました【Last Resort.(CinEraLiA)】

返答:
叩き心地は良くないでしょうか。僕はそうは思いませんでした。
もし仮に、この終盤のサビをスカスカの密度にしたときに、例えば、まず緩急が失われます。
終盤のブレイクは決して見逃せない音です。その音に対して全力かつ直球で対応していくのが大切かなと思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:
神譜面です 終盤にきつい複合が多々押し寄せてきますが、いずれも無理がなく挑戦し甲斐のある配置でした
細かい点ですが、66や74小節に見られるような大音符が好きです 曲の音からずれていますが全く違和感なく置けていたと思います
強いていうなら…64小節の12分の見た目が悪く微妙なので普通に8分音符(1021001020221020,みたいな感じ)で良かったのではと  作譜お疲れ様でした
(くりーぱー)

返答:
この上ない高評価ありがとうございます。
64小節のアレですが、なんかファ~ンみたいな感じの音がなってるので???みたいな配置をしたかったのですが(意味不明)、多分これは大会的には失敗だったと公開してます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:クソ譜面だと思いました。クオリティは高いです。クオリティは高いですがクソ譜面です。
プレイすると意外と楽しくて、プレイヤーだった頃の自分を思い出しつい感慨に耽ってしまいますが、クソ譜面です。
本家に収録されていたら100回はプレイしていたと思いますが、クソ譜面です。

返答:
具体性がもう少しあると分かりやすかったです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


感想:独特な世界観の譜面で面白かったです。
   個人的には後半ちょっと詰めすぎかなとも感じました。

返答:
後半はやりきった結果、ですね。難易度はやや高いでしょうが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:
良譜面ですね。
ここまで展開が面白い高難易度譜面もそうないと思います。
視覚的にも面白く、その上展開が多くて飽きなかったですね。
その展開も非常にゲーム性が高い展開をしていました。
気になったのは、64小節のソフラン混じりの12分ぐらいですね。プレイ面で若干支障が出るので速度を維持したままで良かったかと。
それ以外は完璧です。予選、本戦の譜面の中で最高点を付けました。
素晴らしかったです。

返答:
これだけ褒められると感謝しかありません。
64小節のあれは、↑×3にも書きましたが、失敗ですね(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:
神譜面ですね。ほぼ言うことがありません。
24分「2210111」のフィーリングに違和を感じるのと、
64小節で、12分にソフランをかけるのであればシンプルな配置にしてほしかったという二点だけですね。
それ以外はむしろ感動する配置ばかりでした。お見事です。
【すかい】

返答:
高評価うれしい限りです。
22,10111に関しては上から3番目、64小節のあれは、↑×4を参照して頂けると嬉しいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:フィーリングすごいですね……
20,24,28,32小節の頭にある0121(または1121)がものすごく違和感がありました。
音を外しているのは意図的なものなのでしょうか、そうでないのならここは0112と取るべきです。
ほかには特に突っ込むところもなく、完成度の高い譜面だといえるでしょう。
後半かなり難易度が高いですがそれがどう出るか楽しみです。

返答:
これはtwitterにも書きましたが、このスネア外しは勿論意図的です。
というのは、仮にここをスネアですべて合わせてしまうと、非常に退屈で一辺倒な譜面になってしまうからです。
ハネリズム主体の譜面はとにかく変化に富んでないとすぐ同じような譜面になってしまうため、そこに気を付けて配置しました。
121の21で音が違うので、ややスネアの弾ける感じは出せたと思ったのですが…音的には若干の厳しさがあるでしょうか。ですがここは、音取重視よりもフィーリングor配置の面白さ重視で行きたいという気概でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:序盤の12分地帯で、スネアのところに面があるのがちょっと。
スネアは縁で合わせるか面で合わせるかを統一させたほうがいいと思います。
それ以外では言うことありません。

返答:
↑の評価をご覧になってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


感想:ほとんどがフィーリングとは思えないほど叩いていて違和感がなくそれでいて尖った雰囲気を出せている良譜面です。
フィーリングの上手さなら今大会でもトップクラスの譜面だと思いました。
ただ最後の24分7連がプレイ感を損ねていてその前までの部分に比べてたたきにくかったので残念でした。

返答:
24分の7連のプレイ感、、、と言いますと、いくつかそういう部分はありましたがどこでしょうか?
自分で作譜しているときは特に何も感じませんでした。難易度が高いので単純に叩きにくいかもしれませんがね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想:曲からすでに威圧感のある感じですが、それに負けない程の譜面に仕上がっていると思います。
曲の展開を活かしまくってラストで疾走感が出ているのも良いですね。ただ、全体的に24分が気になりました。
20・21と28・29、あと71・79・83・87小節目の部分は単純に叩きにくいですし、音の鳴っていない(あるいは薄い)部分に
24分を配置すると太鼓音が割と浮いてしますので、2連続での配置は控えたほうが良いかと思います。
その他はとても自分好みの譜面でした。【子子子子】

返答:
高評価ありがとうございます。
20・21と28・29小節に関しては上から3番目の評価をご覧になってください。
71・79・83・87小説は叩きにくいでしょうか?111211121で叩きにくくはないと思うのですが。
この配置は個人的にずっとやってみたかった配置で、ある方の譜面を見たときからずっとやりたくて、ここでハッとなって配置したものでした。ブーという音を表現できるとともにキックを同時に強調することが出来たため個人的には成功しているなという風に自負しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


感想:
曲の音を上手く捉えており、曲の独特の雰囲気とも相まってかなり面白い譜面に仕上がっていると思います。
序盤の「22,10111」の部分が少々浮いているように感じましたが、それ以外は特に問題ないと思います。

返答:
高評価ありがとうございます。
2210111に関しては上から3番目の評価をご覧になっていただけると幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


感想:
全体的に音の詰まり具合が曖昧で、どういう配置で楽しませたいのかがいまいち伝わりにくい譜面でした。
まず17~32小節のパートは曲の音に対して音符が少なく、妙にスカスカな感じがしました。
特に「2210111」という配置をあの音で拾うなら、ほかのところでももっと詰めてあげないとバランスが悪いです。
65小節以降は今度は逆に詰め込みすぎな印象。特に24分の「2221111」がかなり違和感がありました。


返答:
では、17~32はこれ以上どう詰めるのが理想でしょうか?24分を使うということですかね。
だとすれば、見た目orプレイ上は相当厳しくなると思いますし、前半から重すぎて全体のバランス、また終盤への緩急が壊れてしまいかねません。
22,10111に関しては上から3番目の評価をご覧になってください。
それに加えて65以降を軽くするとすれば、全体の緩急はよりなくなり、配置の面白さだけが魅力の譜面となってしまいます。それでは盛り上がりが足りないとは思いませんか?特に最終盤はこれ以上密度を落とすことはできません。
2221111は特に考えず音に合わせただけでしたが、私には違和感がありませんでしたので…難しいところです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ざっとやってみましたがどうでしょうか。

22,10111に関するコメントがかなり多く、当然ここは悩んだ末に最適解として導いた配置だっただけに理解しただけなさすぎて個人的には結構ショックでした。
逆に、ソフランの12分に対して突っ込んでいる人がそれほど多くなく、驚きました。


では、この辺で。思いの外やっぱり時間かかるな…。

0 件のコメント:

コメントを投稿